アクセスカウンタ

田舎坊主のぶつぶつブログ

プロフィール

ブログ名
田舎坊主のぶつぶつブログ
ブログ紹介
世の人々の悩みを一身に受け、なかでもとりわけ病気を持った人やその家族の心に寄り添い、病苦を取り除いてくださいとの願いを込めて建立されたおたすけ地蔵のある、紀州紀ノ川のほとり高野山真言宗不動寺の田舎坊主です・・・。
 現在、和歌山県難病連顧問、難病患者家族会きほく事務局長、パーキンソン病友の会県副支部長として、いろいろやっている中での出来事や思いついたことなど、公私ともども書き連ねています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
獅子窟寺春の大祭
獅子窟寺春の大祭 大阪交野の獅子窟寺春の大祭。50年来の友人のお寺へ20年ぶりの訪寺ー懐かしい再会でした。合掌 標高320mまでほぼ一直線に登山。車は4WDの許可車でないと登れません。 境内からは眼下に新幹線、第二京阪が望めます。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/12 14:08
西国巡礼の旅、京都方面
西国巡礼の旅、京都方面 西国巡礼の旅少し疲れましたが、ありがたい巡礼でした。合掌18番 六角堂頂法寺(京都御池)19番 革堂行願寺(京都河原町)20番 善峯寺(京都向日町)21番 穴太寺(京都亀岡)28番 成相寺(京都宮津) 29番 松尾寺(京都舞鶴) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18番 六角堂頂法寺(京都御池) 19番 革堂行願寺(京都河原町) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/27 20:34
奈良薬師寺参拝
奈良薬師寺参拝 昨年5月に再建された食堂(じきどう)には本尊阿弥陀三尊浄土図。薄墨桜が咲き初めた玄奘三蔵院には平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」シルクロードの高昌古城、ナーランダ大学跡の壁画には 懐かしさがこみ上げてきた。 <食堂> <玄奘三蔵院境内> <玄奘三蔵院正面回廊> <玄奘三蔵院> ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/17 16:41
彼岸の入りのお逮夜
彼岸の入りのお逮夜 きょうは彼岸の入りの前日で「お逮夜」です。 命日などの前日のことを「逮夜(たいや)」といいます。「逮」という字は「逮捕」に使われているように、とららえる、つかまえる・・・などの意味があります。「逮夜」とは、正しくは、前日の夜をつかんで、夜通し次の命日などを待つということなのですね。言いかえれば、それほどの強い思いでご先祖さまや故人を供養し、感謝したいという気持ちの表れが「逮夜」という言葉には含まれているのです。この言葉は、いま生きている私たちに、「あなたはどれほどご先祖さまな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/17 10:41
静慈圓先生法印就任松三宝の儀
静慈圓先生法印就任松三宝の儀 静慈圓先生が高野山金剛峯寺第519世寺務検校法印に就任され、 3月12日金剛峯寺において転衣式が挙行され、参列させていただきました。 緋衣緋紋白捧上 緋衣転衣 法印就任祝宴 駕籠にて帰寺 記念祝品 「竹有夢」 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/12 13:27
長谷寺の大観音特別拝観と大画軸大開帳と3.11慰霊法要
長谷寺の大観音特別拝観と大画軸大開帳と3.11慰霊法要 長谷寺の大観音特別拝観と大画軸大開帳ー結縁の五色線をいただいて、 本堂での管長さま御導師のもと 東日本大震災慰霊供養の法要に合掌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/11 17:33
東日本大震災から7年
東日本大震災から7年 東日本大震災から7年。 経をあげさせていただきました。 合掌 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/11 09:33
久しぶりの公民館文化祭
久しぶりの公民館文化祭 34年前にはじめた公民館文化祭ーいまも皆さん頑張って続けてくれています。法事で忙しいので、賢人の発表に連れて行ってと頼まれ、十数年ぶりに公民館へー豚汁の接待もありーTONPEIさんのミニコンサートもー若い頃の私の写真もいまだに掲げていただいて・・・ 恐縮!恐縮! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 16:18
きょうは土寺小屋ー
きょうは土寺小屋ー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 16:00
67歳の誕生日は4酒のきき酒
67歳の誕生日は4酒のきき酒 4種の大吟醸生搾りできき酒の誕生祝いしてくれたー松の司、梵、風の森、紀土・・・ どれもうまかったし、味の違いも鮮やかでした。。。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/23 12:39
拙書の2年目の常備配本決まりました
拙書の2年目の常備配本決まりました 下記紀伊國屋書店各店  ・埼玉県入間丸広店  ・    さいたま新都心店  ・    川越店  ・東京ららぽーと豊洲店  ・   大手町ビル店  ・   北千住マルイ店  ・神奈川県横浜みなとみらい店  ・大阪グランフロント大阪店  ・兵庫神戸市西神店  ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/20 10:39
初不動大祭ー護摩焚き
初不動大祭ー護摩焚き 初不動大祭ー皆さまの今年一年の安寧を祈願して護摩を焚きました。ご詠歌法要のあとおぜんざいの接待と法話ー今日の法話は「魂のありか」でしたー白いものはちらついてましたが、おかげさまでにぎやかにお餅まきもできました。。。 合掌 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 17:20
おたすけ地蔵さんにニット帽
おたすけ地蔵さんにニット帽 28日は初不動ーなので鰐緒を新調。。。 あまりにも寒いのでー おたすけ地蔵さんにニット帽かぶせて、涎掛け新調。。。 最近、辛い別れがあったー ご詠歌の生徒でもあり、土寺小屋に来てはいつも明るくリーダー的な方で、 たくさんの趣味を持って生きがいある人生を送られていたのです。 でも突然病魔の襲うところとなり、毎年お参りしてくれていた初不動を前に卒然として逝かれたのです。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 18:32
奈良県五條市榮山寺
奈良県五條市榮山寺 五條市の榮山寺 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 14:19
最古の本堂を有する孝恩寺
最古の本堂を有する孝恩寺 大阪府で木造建築物として最古の本堂を有する孝恩寺を訪ねた。 偶然副住職さんが帰院されたので拝観をお願いしたところ、「これから本堂でお勤めするのでよかったらどうぞ」と、気さくに声をかけていただいた。建立当初は釘一本も使われていないということもあって、重厚で落ち着いた佇まいだ。ちなみに最寄りのバス停の名前は「釘無堂」という。 私は本堂でたった一人の贅沢で、ありがたい読経のご利益をいただくことができた。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 19:36
ミニ苔寺、慈眼院
ミニ苔寺、慈眼院 友人から自坊(交野市の獅子窟寺)の国宝薬師如来座像が掲載されていると、月刊SAVVYが送られてきた。 そのなかに掲載されていた、近くの泉佐野の慈眼院多宝塔を雨上がり拝観に行った。拝観は私一人だったー 雨上がりの多宝塔と、手入れされた庭の苔に癒やしと安らぎのひとときをいただいた。合掌 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 10:36
東日本大震災七回忌  慰霊の旅
東日本大震災七回忌  慰霊の旅 慰霊の旅 祈り 心込めて 南無大師遍照金剛 合掌 拝 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 08:20
卆哭忌(百か日)
卆哭忌(百か日) 昨夜、敏子さんが生前の日常の姿で夢に見せてくれました。きょう12月1日、亡くなって百ヶ日。朝から仏前にお経をあげました。 百日忌は卒哭忌(そっこくき)ともいいます。 文字どおり「泣くことを卒業する」忌日ですが、 泣かずとも寂しさは、ふと心をよぎるのです。 夜はなおさらのような気がします。 満中陰からここまで、 肉体から魂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 11:05
お大師さまの御許に納骨をすませました
お大師さまの御許に納骨をすませました 妻敏子の納骨を済ませました。 高野山奥の院のお大師さまの御許に連れてあがりました。 また一つ、区切りです。 南無大師遍照金剛 合掌 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/11/04 10:36
静慈圓先生を囲む会
静慈圓先生を囲む会 前高野山霊宝館館長で来年は弘法大師の名代として法印となられる静慈圓先生の祝賀会「静慈圓先生を囲む会」に出席しました。静先生は書家であるとともに空海研究家で、中国に弘法大師の足跡をたどる「空海ロード」を完成され、中国では国賓として招かれる重鎮でもあります。私にとって仏教伝来の地、インドから朝鮮半島まで訪ねることができた30年来の恩師でもあります。私が行けなくなったあと副住職の和道君が静先生に同行し学ばせていただいているところです。 きょうは和道君と二人で参加させていただき、30... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 20:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

田舎坊主のぶつぶつブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる