西国巡礼の旅、京都方面

西国巡礼の旅少し疲れましたが、ありがたい巡礼でした。合掌18番 六角堂頂法寺(京都御池)19番 革堂行願寺(京都河原町)20番 善峯寺(京都向日町)21番 穴太寺(京都亀岡)28番 成相寺(京都宮津) 29番 松尾寺(京都舞鶴) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良薬師寺参拝

昨年5月に再建された食堂(じきどう)には本尊阿弥陀三尊浄土図。薄墨桜が咲き初めた玄奘三蔵院には平山郁夫画伯の「大唐西域壁画」シルクロードの高昌古城、ナーランダ大学跡の壁画には 懐かしさがこみ上げてきた。 <食堂> <玄奘三蔵院境内> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸の入りのお逮夜

きょうは彼岸の入りの前日で「お逮夜」です。 命日などの前日のことを「逮夜(たいや)」といいます。「逮」という字は「逮捕」に使われているように、とららえる、つかまえる・・・などの意味があります。「逮夜」とは、正しくは、前日の夜をつかんで、夜通し次の命日などを待つということなのですね。言いかえれば、それほどの強い思いでご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの公民館文化祭

34年前にはじめた公民館文化祭ーいまも皆さん頑張って続けてくれています。法事で忙しいので、賢人の発表に連れて行ってと頼まれ、十数年ぶりに公民館へー豚汁の接待もありーTONPEIさんのミニコンサートもー若い頃の私の写真もいまだに掲げていただいて・・・ 恐縮!恐縮! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初不動大祭ー護摩焚き

初不動大祭ー皆さまの今年一年の安寧を祈願して護摩を焚きました。ご詠歌法要のあとおぜんざいの接待と法話ー今日の法話は「魂のありか」でしたー白いものはちらついてましたが、おかげさまでにぎやかにお餅まきもできました。。。 合掌
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたすけ地蔵さんにニット帽

28日は初不動ーなので鰐緒を新調。。。 あまりにも寒いのでー おたすけ地蔵さんにニット帽かぶせて、涎掛け新調。。。 最近、辛い別れがあったー ご詠歌の生徒でもあり、土寺小屋に来てはいつも明るくリーダー的な方で、 たくさんの趣味を持って生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良県五條市榮山寺

五條市の榮山寺 よく通る道なのに一度も榮山寺の境内におじゃましたことはなかった。 境内に佇む本堂、八角堂、石灯籠、梵鐘、大日堂・・・ これらすべてが国宝や重要文化財という素晴らしいお寺なのだ。 現在は無住だ。 管理をされている方とお話しさせていただいたが、 指定文化財とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最古の本堂を有する孝恩寺

大阪府で木造建築物として最古の本堂を有する孝恩寺を訪ねた。 偶然副住職さんが帰院されたので拝観をお願いしたところ、「これから本堂でお勤めするのでよかったらどうぞ」と、気さくに声をかけていただいた。建立当初は釘一本も使われていないということもあって、重厚で落ち着いた佇まいだ。ちなみに最寄りのバス停の名前は「釘無堂」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ苔寺、慈眼院

友人から自坊(交野市の獅子窟寺)の国宝薬師如来座像が掲載されていると、月刊SAVVYが送られてきた。 そのなかに掲載されていた、近くの泉佐野の慈眼院多宝塔を雨上がり拝観に行った。拝観は私一人だったー 雨上がりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卆哭忌(百か日)

昨夜、敏子さんが生前の日常の姿で夢に見せてくれました。きょう12月1日、亡くなって百ヶ日。朝から仏前にお経をあげました。 百日忌は卒哭忌(そっこくき)ともいいます。 文字どおり「泣くことを卒業する」忌日ですが、 泣かずとも寂しさは、ふと心をよぎるのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静慈圓先生を囲む会

前高野山霊宝館館長で来年は弘法大師の名代として法印となられる静慈圓先生の祝賀会「静慈圓先生を囲む会」に出席しました。静先生は書家であるとともに空海研究家で、中国に弘法大師の足跡をたどる「空海ロード」を完成され、中国では国賓として招かれる重鎮でもあります。私にとって仏教伝来の地、インドから朝鮮半島まで訪ねることができた30年来の恩師でもあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀の川市長から感謝状

 去る9月26日紀の川市に、敏子の遺志として難病患者の施策充実のために金一封をご寄付させていただいたところ、本日、中村愼司紀の川市長よりご鄭重なる感謝状を贈呈戴きました。 私は紀の川市難病患者家族会「きほく」の事務局を務めていることもあり、難病患者の現状や難病法に移行する経過措置終了とともに来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more